洗浄カートリッジなど便利なプリンターアイテム【賢くお得に使う】

インク

非純正インクの事

インク

プリンターに必須であるのがインクです。インクは基本的に黒のキープレートと、青のシアンと赤のマゼンダそして黄色イエローです。RGBではなくCMYKという形でインクを装填して、四色でプリントアウトをしていきます。そのインクですが、家庭用でもオフィス用であっても決して安いとは言えません。特に純正品となるとそのメーカーのプリンター専門のインクになりますので、四色とも千円を超える物となります。特に使用頻度が高い黒は消耗が酷く、黒に限りお徳用カートリッジも存在しているので、三色よりかはお得に手に入る事は多いです。しかしどちらにせよ純正品は四色で三千円から五千円は普通にしますので、プリンターを頻繁に利用する方は頭を悩ませる事になるのです。しかしインクにはお得である非純正インクという物が存在しています。プリンターに非純正インクという響きであると、故障しないかと心配になる方もいます。しかし現在販売されているあらゆる非純正インクは、純正品に劣らない物ばかりでありプリンターも安心して使える物ばかりなので、非純正インクを使うとコストダウンに成功します。非純正インクという名前で販売されているものもあれば、リサイクルインクやお徳用インクという名前で販売されているものもあります。家電量販店でも見かける事が出来ますので、気軽に購入して活用する事が可能です。

インターネットの販売サイトにて、プリンターサプライという形で多くのインクが販売されています。その中でひときわ安いインクカートリッジが販売されていたら、それが非純正インクになります。色につき一本ずつ販売もしていますが、やはりお得であるのは四色まとめて購入する事です。プリンターにはフォトグレーなどを含めた五色インクや六色インクが必要である機器もありますが、それ専用のカートリッジを取り扱っている所もありますので安心です。大手メーカーのプリンターであれば品切れではない場合に限り、製品はしっかりと販売されています。非純正インクは便利でありコストダウンの味方ですが、気を付けなくてはならない事もあります。プリンターメーカーによりますが、例え非純正インクが直接的な原因ではない場合でも、不具合が生じた場合非純正インクを使用していると保証対象外となるのです。したがって、非純正インクを安心して使うのであれば、既に保障が切れているプリンターであるといいでしょう。もちろん自由ですが、もしもの時を考えながら非純正インクは使っていくべきです。